2015年01月29日

竹田篤司『明治人の教養』文春新書

ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!


送料無料で高価買取 バリューブックス


明治人の教養 (文春新書)

中古価格
¥1から
(2015/2/2 11:50時点)



・「『明治人の教養』とは、羊頭狗肉ではないにしても、大仰な題であろう。わたしはただ、歴史の中における過去と現在の微妙な関係、連続でもなく断絶でもない何らかのつながりを、できれば見出したいと思っているのだ。そして、仮に『教養』と呼ばれるものが、その『つながり』になり得るかどうか、かすかに期待しているのである。」(p. 12)

「歴史の流れは、掌を反すように、一挙に白が黒になるわけではない。緩急の差こそあれ、あくまでも徐々にであって、そこにはつねに連続性が存在している。」(p. 2)

・「天野と倫理学。人と学との取り合わせの妙を、これほど見事にしめしているものは又とあるまい。カント『純粋理性批判』の中の名高い命題「汝なし能う、汝なすべきがゆえに」ほど、天野の人柄に似つかわしいものはない。」(p. 156)

・「『幸福が目標なのではなく、幸福に値するように生きることが大事』とする天野の教えは(もちろんカントにもとづくものだが)、現代において、なお有効であることを失わない。」(p. 163)

・「現在(短大も含めて)大学教員の数は、せいぜい5万人くらいのものだ(ゴマンといる、ではない)。社会全体からすれば、依然として、『超』の字が付くマイノリティーであろう。が、だからといって、彼らを教養あるエリートだとはだれも呼ばない。」(pp. 176-177)

「教養は個人の問題である以上に、むしろ時代や社会の最大の課題である。」(pp. 177-178)

・「なるほど、あなたは鎖になど繋がれてはいない。が実は、目に見えない「鎖」によって、ぐるぐる巻きに縛りつけられているのではないか。」(p. 181)

● 本書に関連するリンク
竹田篤司『明治人の教養』(松岡正剛の千夜千冊)
 ・「教養もリベラル・アーツも、一人で身につける知識というものではなく、互いに互いが“あいだ”を深めあうことなのである。」

タグ:教養
posted by R_Partner at 12:52| Comment(0) | 文春新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする