2018年01月22日

三浦しをん『舟を編む』

 読みごたえのある作品。後半のスピード感がよかった。単行本の装幀は、小説の中に出てくる『大航海』の装幀と同じかな?

舟を編む




舟を編む (光文社文庫)




 のしかかるような書棚の圧力を背中に感じつつ、ペンを手にした。一文字一文字、丁寧に白い紙を埋めていく。心を形にするために。(p. 77)


 こんな弱音を吐くなんて、悔しい。なさけない。でも、やっとひとに打ち明けることができた。小石のように硬く肉に食いこんでいた、俺の悔しさなさけなさを。(p. 125)


人間関係がうまくいくか不安で、辞書をちゃんと編纂できるのか不安で、だからこそ必死であがく。言葉ではなかなか伝わらない、通じあえないことに焦れて、だけど結局は、心を映した不器用な言葉を、勇気をもって差しだすほかない。相手が受け止めてくれるよう願って。(p. 185)


 辞書づくりに取り組み、言葉と本気で向きあうようになって、私は少し変わった気がする。岸辺はそう思った。言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための力に自覚的になってから、自分の心を探り、周囲のひとの気持ちや考えを注意深く汲み取ろうとするようになった。(p. 203)


posted by R_Partner at 14:39| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: