2018年01月18日

ヘルマン・ヘッセ「紛失したポケットナイフ」(2)

庭仕事の愉しみ




文庫 庭仕事の愉しみ (草思社文庫)




紛失したポケットナイフ(つづき)


 あの美しい三日月型の庭仕事用のナイフを手に入れた日を、私はまだはっきりと思い出すことができる。当時私はあらゆる点で非常に好調な時期にあり、自分自身もそれにふさわしい気分になっていた。結婚して間もない時期で、生計のための町と獄中のような生活から逃れて自立し、自分自身だけに責任をもって、ボーデン湖畔のある美しい村に住んでいた。私は、自分で書いて、自分でも気に入ったいくつかの本で成功した。私はボーデン湖に浮かぶボートをもっていた。妻は、はじめての子どもの誕生を待っていた。そして私はちょうどある大きな計画にとりかかっていたところで、そのことのために私は頭の中がいっぱいになっていた。

 それは自分の家の建築と、自分の庭づくりの構想である。土地はすでに購入し、測量がすんで、区画が決まっていた。その土地の上を歩くたびに、よく私はこの仕事のすばらしさと値打ちを厳かに感じたものであった。私はそこに生涯の礎石(そせき)を据え、わたし自身と妻と子たちのためにここに故郷と避難場所をつくるのだと思っていた。家の設計図もできあがった。庭は、私の頭の中でしだいに形を整えていた。中央に幅広く長い道があり、泉水があり、栗の木立の生えた草地をもった庭である。

 当時私は三十歳くらいであったが、ある日のこと私宛に船便で重い貨物が到着した。私はそれを荷揚げの桟橋から引き上げる手伝いをした。それはある造園会社から来たもので、庭仕事の道具がいっぱい詰まっていた。鋤、スコップ、ツルハシ、熊手、鍬(これらの中ではとくに白鳥の首のついた鋤がとても気に入った)、そのほかたくさんのこの種のものであった。それにまじって、ていねいに布で包まれたいくつかの小さめの、繊細な道具があり、私は大喜びで包みを解いてそれらを眺めた。その中にあの曲がったナイフもあった。

 私はすぐにそれを開いて試してみた。その新しい鋼の刃がキラリと光り、手ごたえのある、引き締まった開閉バネがはね、柄のニッケルメッキの金具が光った。当時はそれは私の家具調度のささやかな付属品であり、ちっぽけなわき役にすぎなかった。そのナイフが、いつの日か私の美しく新しい財産のうちで、家と庭、家族と故郷などのうちで、ずっと私のものであり続け、私の手もとに留まる唯一のものになるであろうとは、考えもしなかった。

 それからまもなく私は、この新しいナイフで危うく指を一本切り落としそうになったことがあった。その傷跡は、今もなお残っている。そして、そうこうするうちに、庭ができて、植物が植えられ、家も建てられた。こうして私が庭へ行くたびに、何年ものあいだそのナイフは私の同伴者となった。そのナイフで果樹を剪定し、ヒマワリやダーリアを切って、花束をつくり、木を削って幼い息子たちの鞭の柄や弓をつくった。

 短い旅行のときは例外として、毎日私は庭で二、三時間を過ごした。それは、私が一年中自分で耕し、植物を植え、種を蒔き、水をやり、肥料をやり、取り入れをして、手入れをした庭である。そして涼しい季節には、庭の片隅でいつも小さな焚き火をして、雑草や古い地下茎(ちかけい)やあらゆる種類のごみを焼いて灰にしたものである。息子たちは喜んでそばにいて、細い枝や枯れたアシを火にくべ、ジャガイモや栗を焼いた。そんなときあのナイフが火の中に落ちたことがあり、以来その柄に小さな焦げの跡が残った。それを見れば私は、世界中のどんなナイフの中からもそのナイフを見分けることができたであろう(pp. 78-80)。



posted by R_Partner at 00:00| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。