2017年02月20日

浅井美智子「生殖技術と自己決定」

身体のエシックス/ポリティクス―倫理学とフェミニズムの交叉 (叢書・倫理学のフロンティア)




浅井美智子「生殖技術と自己決定−−代理母のエシックス/ポリティクス」(PP. 159-178)


生殖へのある種の個人的欲望の実現は、自己決定権として正当化されない場合もあるだろう。それは、人間が社会的存在以外のものではありえないことと接続しているように思える。ここでは、それをとりあえず倫理と呼んでおこう。(PP. 160-161)


英米のみが「代理母」を容認しているが、それは背景に功利主義の倫理学があるからだと思われる。つまり、功利主義は、倫理的に正しい行為を、可能な限り多数の人々に共有されうる肯定的な価値(善)とみなされるものだと定義する。したがって、イギリスでは、商業的代理母は(ウォーノック・リポートがいうように)「他人を手段とする」ことだとして禁止されているが、慈善の代理母は相互の母の幸福(子どもをもつこと)だとして是認されている。アメリカは自由と自己決定が基本であり、結果として不幸を招いたときに調停される。つまり不幸の軽減が図られるのである。(P. 174)


 日本では、ドイツ・フランスと同じく、いかなる代理母も禁止の方向が打ち出されている。禁止の根拠はどこにあるのだろうか。これまで見てきたように、善意の代理母が存在し、それがたとえ一方的な慈善的行為であろうとも、海外に代理母を求める人々を止めることはできない。それでは日本国内ではどうか。

 国内では、姉妹の妹が子宮のない姉に代わって姉夫婦の受精卵を妊娠・出産した例がある。英米のように慈善の代理母を調達するのは難しいが、この事例は血縁者によってなされた代理母であり、その意味で容認しがたい。なぜなら、それは血縁者の犠牲を前提とすることは、個別的にはどれほど慈善的行為であろうとも、不妊の姉妹をもつ女性に抑圧的な言説を用意することになるからである。法的に規制するのであれば、このような抑圧は最も避けねばならないことである(P. 174)。




posted by R_Partner at 17:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: