2016年12月01日

樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』

ネオリベラリズムの精神分析〜なぜ伝統や文化が求められるのか〜 (光文社新書)




 今、社会に隆盛しているのは、アディクション(アルコール依存症などの中毒症状)と鬱である。これらも他者の不在によって起こっている病である。

 アディクションでは、他者を忌避しているので、他者と関係する機制としての欲望を忌避している。それゆえ「欲望の対象」ではない「要求の対象」(象徴的なレベルで他者や対象が求められているのではなく、欲求を常に満たしてくれるそれ以前の現実の他者としてのレベル)として、アルコールやギャンブルが求められている。とはいえ「要求の対象」なので、現実のタバコやお酒が欲しいのではなく(「欲求の対象」ではない)、それとつながり、しかも欲望を介さない(他者が怖いので欲望は不可能)幻想の他者(自分の思いのままになってくれる他者)が求められているのである。


 鬱でも、重度の場合、他者と対象関係が排除されている。鬱では、直接対象が内化され、対象選択以前の同一化が行われているとされる。通常、他者や外界と関係するとき、私たちは、自他の区別を行った上で対象にエネルギーを向け関係していくが、対象選択以前というのは、自他の区別が曖昧なまま他者をのみこんでいくことを指している。


posted by R_Partner at 16:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: