2016年12月01日

樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』 樫村愛子『ネオリベラリズムの精神分析』バウマン、恒常性の危機

ネオリベラリズムの精神分析〜なぜ伝統や文化が求められるのか〜 (光文社新書)




バウマンは、恒常性の危機について、次のような警告をしている。

 バウマンによれば、近代社会の基礎として、世界内存在の近代的形態を形成した行動・態度は、充足の先送りであった。そして一方で資本の蓄積、他方で労働倫理の拡散と確立という、重要な近代的革新が可能になったとウェーバーは述べた。

 しかし、労働倫理が先送りを永遠に続けようと圧力をかけるのに対し、現在、消費の美学は先送りを中断させようと圧力をかける。そして、消費の美学の勝利により、現在、欲望と充足の距離は恍惚の一瞬へと短縮されつつある。ついには、先送りを完全にやめたいという欲望へと移行しつつある。こうなればフロイトのいう「死の欲動」に近づいていくとバウマンは述べる。


 近代史において、先延ばしに戦いを挑んだこうした文化は希である。そこには、距離を置くこと、思索すること、連続性、伝統といったもの−−独哲学者ハイデガーが現存在の形態であるとしていた、「反復」が存在する余地はないとバウマンは指摘する。

 バウマンは伝統的秩序のもとでは、労働は必要性のシステムと結合しており、必要性ということは、良き生活を送るということの重要部分を占めていたという。これに対し工業製造的秩序の時代になると、必要性にとって変わるのは利害となる。善とか善き生活という観念をもつ使用価値に代わり、それらを欠き、脱埋め込み化され、集合的な選好リスト(皆が何を好きで欲しいと思うかのリスト)を通してものに付与される抽象的価値である交換価値(要するに何が売れているかが何を必要とするかに代替される)が優勢となる。それゆえ、今生産されているものはほとんどゴミ屑だとバウマンやラッシュはいう。



posted by R_Partner at 15:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: