2016年11月15日

セクシュアリティ、ポルノ論争

ジェンダー・スタディーズ (キーコンセプト)

新品価格
¥3,456から
(2016/11/15 15:22時点)




 1982年にニューヨークのバーナード大学で「学者とフェミニスト––セクシュアリティの政治に向けて」という会議が開催されたが、この会議はポルノグラフィの問題で激しく衝突し、最後には崩壊してしまったと伝えられている。そもそもこの会議が開催されたのは、主催者の1人であるキャロル・ヴァンスが、1980年代(とくにアメリカの)中絶法改正や過度の「寛容さ」へのバックラッシュの高まりを感じているからだった。強力な新右翼の台頭とともに、1960年代以降のフェミニズムと急進思想は道徳的退廃に直接の責任があると見なされた。性の実践の「無法者(アウトロー)」たち、つまりゲイ、レズビアン、性的に活発な異性愛女性、10代の若者が新たに非難されたり、エイズはゲイたち(アメリカとヨーロッパでウィルス感染率の高かった最初のグループ)への道徳的応報だと決めつけられたのだ。そしてフェミニストによる大がかりな反ポルノグラフィ運動が、このバックラッシュに加勢することになった。これは多くのフェミニストにとって皮肉な事態だった。「反ポルノ派のフェミニストたちに言わせると、ポルノこそ女たちを抑圧する一番の動力、男たちを社会化する主要因、女性に対する暴力の主要な手先だった」(Vance ed. 1992: xix)。女性のセクシュアリティの探求は、そのためにいっそう困難になった。



 前述のバーナード会議では、ポルノをめぐる論争の際にもう1つ生じたことがあった。フェミニズムの政治的良心として脱性化されたレズビアン・イメージが拒絶され、セックス肯定で検閲反対のレズビアンたちは、性的アイデンティティの多様性のすべてを認めよと主張したのである。対立は必至であり、シーラ・ジェフリーなどのレズビアン・フェミニストは、特定のレズビアン・セクシュリティのモデルに固執した(セックス肯定派のレズビアンからは、これはしばしば「ヴァニラ」レズビアンと呼ばれた)。しかしそのほかのレズビアン・フェミニストは、もしセクシュアリティについて社会構築主義者の見方を採用するならば、レズビアンに真正なセックスがあるという主張はだとうだろうかと疑問を出した。

 ジェフリーズにとって、そうした意見は1994年のThe Lesbian Heresy『異端のレズビアン』の書名が示すように、「異端」にほかならない。同書のなかで、SMや挿入をともなう性行為がレズビアンのなかでますます幅をきかせるようになってきたと述べつつ、ジェフリーズは言う。「新しい世代のレズビアンたちは、ゲイ男性の文化に見られる価値観や実践を喜んで取り入れている。自分もゲイ男性だったらよかったのにと、すすんで認めるレズビアンもいる」(Jeffreys 1994: 143)。

 
posted by R_Partner at 16:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: