2016年11月15日

セクシュアリティ、ミシェル・フーコー

ジェンダー・スタディーズ (キーコンセプト)

新品価格
¥3,456から
(2016/11/15 15:22時点)




 ミシェル・フーコーの『性の歴史』は画期的で、現代の理論家のセクシュアリティ認識の方法に革命を起こした。フーコーによると、「同性愛」を「アイデンティティ」として個人に適用するようになったのはかなり最近の発明で、1869年に同性愛と異性愛という用語がようやく登場した後のことである。

 フーコーはこう述べる。かつて性倒錯はだれもが実行したり処罰されたりする可能性のある行為だったが、19世紀後半に顕著な変化が起こった。「同性愛は人物になり経歴になり症例になり、そして幼年時代になった。加えてある種の生活の型、性の形式、身体の形態となって、無分別な身体構造とおそらく謎に包まれた生理機能を備えたものになった。人を総体として構成するもののうち、セクシュアリティの影響を被らないものはなくなった」(Foucault 1979: 43=1986: 55)。フーコーがここで示唆するのは、性の実践が人を定義して、人の境界を画定するようになったことである。たとえば男色行為(ソドミー)についての古代の法規とは正反対である。

 19世紀から20世紀にかけて、性科学(セクソロジー)(性の実践についての科学的研究で、とくに「逸脱」に注目する)と精神分析への関心が急激に広まった。個人の性的な好みや偏愛についての情報が蓄積され、同時にその情報はセクシュアリティの統制や、それぞれの性行為にどのような性格類型がともなうかという予測にも使われた。より多くの人びとが不安や神経症について考察するように、そして欲望について語るように仕向けられ、性的欲望は自己についての深遠な何かを表しているという見方がしだいに一般化した。「セクシュアリティ」は、まるで人間の生の神秘の核心であるかのように考えられるようになった。

 フーコーの研究によると、このようにセクシュアリティが真の自己に強く結びつけられるようになったのは、性(セックス)をめぐる言説(ディスコース)の増殖による1つの効果であり、そのため科学者たちはますます謎めいた呪物崇拝(フェティッシュ)や欲望についての情報収集に駆り立てられていった。また、フーコーその他の理論家たちの示すところでは、逸脱の範囲が確定されるに従って、規範的なセクシュアリティは生殖の要請、すなわち「性的欲望には性的差異が欠かせない」(Jackson in Jackson and Jones eds 1998: 139)という観念にとらわれるようになった。生殖とのこのような関連づけから、あらゆる方法で自然に訴えることが自明視され、何を正常とするかが決められていった。生殖を促進するという理由から、異性愛セックスにおいては男性器の挿入こそ決定因と見なされ、挿入こそ「正常な」性的反応を決定すると(それぞれの異性愛者が個人的にどのような性の実践を好むかに関係なく)考えられるようになった。

 このように自然に訴えるのは、フーコーによると、「生殖の厳格な秩序に従わない形態のセクシュアリティを、現実から追放しようとする試みである。生産的でない行為を拒絶し、気ままな快楽を追放し、生殖を目的としない性行為を抑えるかなくしてしまおうとする試みである」(Foucault 1979: 36=1986: 47)。フーコーの見解では、性的反応の意味を最小限にまで切り詰めようとするこのような試み自体、その意味が実際には社会的に構築されることを示す、さらなる証拠である。



知への意志 (性の歴史)

新品価格
¥2,592から
(2016/11/15 15:51時点)




posted by R_Partner at 15:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: