2015年08月31日

岡野八代『フェミニズムの政治学』第3章第2節「家族のことば」

フェミニズムの政治学―― ケアの倫理をグローバル社会へ




・家族は「言葉を拒むもの」では、決してない。むしろ、わたしたちの経験を超えた、時に言葉じたいを超えるような、多様な他者との語り合いを可能にする場である。そのことを確かめるために、家族の物語りをもっともよく示すものとして、ノーマ・フィールドの祖母への語りと、落合恵子の母への語りを見てみたい。なぜならば、二人の語りは、ヤングが幾度も注意を喚起するように、一つの家族の物語りは、一つの声で同じ事柄が語られた結果ではないこと、そして、他者との対応のあり方を特徴的に物語っているからである。彼女たちの間で交わされることばや物語りは、互恵性や平等、対等性や反転可能性 reversibility といった形式的な対話の条件の存在しないコミュニケーションである。そこにわたしたちは、同等者であることを前提としない、他者性に開かれた物語り、他者の存在をそのままに肯定しようとするコミュニケーションの在り方をみるだろう。

 フィールドは、「対話」と題した節において、つぎのようなエピソードを綴る。

 おばあちゃまは煩わされたくないのよ、と母は愛情をこめて言う。狸さんですか、とヘルパーさんは祖母に声をかける。[...]
 ときに、祖母のベッドからゆらめく音符のような声ならぬ声があがると、母はとんでいって、だいじょうぶ? なにかご用? と訊ねる。しかし最近では、ベッドに駆けつけるかわりに、とくに夜中には、応える声をそっと送り返すことがある。その音は、「はい」か「おばあちゃま」という語を芯にしているのだが、しだいに言葉の輪郭を失って、ますますメロディと化してゆく。
 母は秋の兆しをいつも胸騒ぎとともにながめてきた。いま目に浮かんでくるのは、ふたりの老いた女が枕をならべて横になり、長い夜に言葉なき言葉をたがいに送りあっている図だ。[フィールド 2006: 169]


 フィールドの祖母は、ほとんど寝たきりの状態ですでに言葉を介したコミュニケーションが取れない。フィールドの年老いた母が、主に祖母の世話をし続ける。そして、フィールドと母の間には、世話を必要としている祖母への異なる思いが横たわっている。

 フィールドは、祖母への思いが強いためについつい自分の「論理」で彼女を見てしまう自分を、幾度も戒める。「おばあちゃま」を介して、母と向き合うフィールドは、祖母に対して献身的に世話をする母に対する自分の思い込みをも、反省していく。母が何の苦もなく祖母の世話をしているものと思い込むことは、フィールド自身が自分を守るためだったのだ、と。ただ、母の苦悩は、言葉で伝えられるようなものではなく、もっと漠然とした不安であり、その不安をフィールドも共有することで、フィールドと母は祖母への想いをようやく共有するのである。

 論理的にことばをやり取りする相互関係を期待しないフィールドの母は、祖母の息遣いに耳を傾け「なにかご用?」とたずねる−−しかし、返答はない−−ことで、「深い関心をもって」祖母の欲求の「あて先」として立っているのである。したがって、フィールドは、「なぜおばあちゃまは返事をしないのかしら」と母に尋ねる叔母に我慢がならない[フィールド 2006: 171-172]。フィールドにとって、祖母に向けられる「ことば」は、ただそこに在る祖母に向けられたフィールド自身の想いであり、言葉を失いかけた祖母をじっと見つめ、耳を傾けるしかない、一方的なものなのだ。

 にもかかわらず、フィールドは、祖母からなにかを受け取っている。1950年代の東京で、茶色い巻き毛をしたフィールドを、母に代わって外出に連れ出してくれた祖母を、これまで思いもしなかった形で想い出し、祖母の気持ちに初めて気づかされるからだ。

 −−おばあちゃま、へんな子をお医者さんのところに連れていくのは、いやじゃなかった?
 しばらくのあいだ彼女はなにも言わず、聞こえなかったのかな、とわたしは思った。長い沈黙のあと、彼女は目をこちらに向けず、開けもせずに、こう言った。
 へんな子じゃないもん、自慢の子だもん。
 [...]
 こんな答えは期待していなかった。なにも期待していたわけではない。[...]
 それは、甘美このうえない別れの言葉となっただろう。
 しかしわたしがどんなに身勝手な空想をふくらませようと、祖母は私のために生きてきたのでも死んでいくのでもない。[ibid.: 183]


 期待していなかった、自分自身に対する祖母の深い想いの表明。それは、まさに「甘美な」愛情を喚起させるが、むしろフィールドはその祖母の言葉に、「わたしのため」ではない、祖母自身の強い意志をみてとっている。それは、どれほど自分を愛してくれていようと、フィールドには領有することのできない、祖母の尊厳、ただ祖母だけに属する生と死の価値を、おそらくフィールドは受けとめるのである。ここで注意したいのは、祖母の尊厳は、フィールドに対する祖母の想いに思わず触れてしまったことを契機に、長い時間を経てようやくフィールドに届いたことである。(pp. 237-240)





使い終わった予備校のテキストが高く売れるらしい!?




デキるヒトの高価買取 バリューブックス



posted by R_Partner at 15:29| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。